不動産物件を売買するのに仲介手数料を支払わなくて済む方法

初めての不動産売買を補助する不動産情報サイト

不動産の売買に仲介手数料が生じる理由

基本的に不動産の売買の目的とは金銭的な利益を得ることにあることは明らかであり、仲介の役目を担う不動産業者のような仲介業者に支払う仲介手数料は最小限に抑えたいと思うのは当然のことであり、仲介業者さえ介さなければ仲介手数料は完全に無料となります。

ただ、不動産の場合、不動産の売買に伴う諸手続きがあるだけでなく、売買契約を結ぶ相手を探すために広告との媒体を利用できる不動産会社よりも効率的に取引相手を探すことはできませんし、取引に際して直接交渉を行わなければならなくなる上に、宅地建物取引主任者資格を要する取引であるか否かの判断も当事者間で行わなければならなくなるといったデメリットがある他、宅地建物取引主任者資格を要する取引を行うなら、取引を行う当事者のいずれかが宅地建物取引主任者資格を所持していなければならないという、売買の成立にとって致命的なデメリットも生じることになるのです。

個人間で宅地建物取引主任者資格の不要な取引を行う場合、わざわざ不動産会社を介して仲介手数料を支払うのは無益かもしれませんが、通常の不動産売買を行う場合は素直に不動産会社のような専門知識を有する業者に委託する方が効率的であることは明らかであるものの、業者の選択に間違うと仲介手数料以外にも手数料がとられるリスクもあるため、不動産の売買を委託する業者を選ぶ際には、最低限、委託を予定している不動産会社が宅地建物取引主任者資格を所持していることと、事務所の所在がはっきりしていることだけでも確認し、可能なら会社の業績や評判等も確認しておきましょう。

不動産業者を介さないことによるメリットとデメリット

不動産の売買において不動産会社に代表される仲介業者への委託は、不動産業を営む人を除きごく一般的な行為で、仲介手数料は仲介を委託した結果として生じる仲介料と税によって構成される手数料であり、不動産の売買を仲介業者に委託する際の必要経費とも言えます。

不動産売買契約と仲介手数料の有無

日常的に不動産の売買に携わっていない方にはイメージしにくいかもしれませんが、不動産の売買には大別して一般媒介契約と専任媒介契約の二種類の契約方法があり、契約方法によって仲介手数料が異なるのに加え、不動産の購入か売却かによっても手数料は異なるなど、様々なファクターが仲介手数料に影響しているのです。

仲介手数料が生じない不動産売買取引

不動産の売買においては、売却に限って仲介手数料が半額ないし無償となるサービスも存在するなど、不動産売買にあっても仲介手数料が生じないケースがあり、不動産会社をはじめとした不動産を扱う業者への直接売却も仲介を要しないことから仲介手数料が生じないケースと言えるでしょう。