初めての不動産売買を補助する不動産情報サイト

>

不動産業者を介さないことによるメリットとデメリット

不動産の仲介手数料は仲介料とその税金

不動産の売買を行う時、不動産についての専門的な知識をお持ちの場合や相続に関係する親族相手への売買といった例外を除くと、不動産の売買を不動産会社に依頼し、不動産の売買相手への交渉を委託することが基本的には多くなるでしょう。

この際、不動産業者に不動産の売買相手探しや不動産売買交渉を委託することによって、生じるのが仲介手数料であり、一般に仲介料に税金を加えた金額が請求されることから、不動産の売却には仲介手数料が必要であるとの認識が周知されていますし、不動産の売買を委託している不動産業者も不動産の売買を仲介するサービスを営利目的で営業している以上、サービスに対しての対価を求められることは当然とも言えます。

仲介業者を挟んで不動産売買をするメリット

自分の不動産を売買するのに仲介手数料を支払うのは損をしたような気分になるかも知れませんし、実際に仲介に際して仲介手数料が差し引かれることは事実ではあるのですが、不動産業者をはじめとした仲介業者を挟まないで不動産を取引しなければ、仲介手数料が生じることは避けようがありません。

仲介業者に不動産の売買を委託するから仲介手数料が生じるなら、仲介業者を介さずに不動産を売買すれば仲介手数料が生じないのではないかと問われるとその通りではありますが、仲介業者なしで不動産を売買する場合、不動産の売買を生業とするのなら宅地建物取引主任者資格を要するなど、例外があるだけでなく、不動産の売買相手を自分で探さなければならないため、これらを考慮する必要がなくなるだけでも仲介料を払う価値はあるのではないでしょうか。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ