初めての不動産売買を補助する不動産情報サイト

>

不動産売買契約と仲介手数料の有無

不動産売買の契約方法と仲介手数料

不動産の売買で仲介手数料が生じるのは広く認知されていますが、同様に仲介手数料減額を広告で謳う不動産業者があるように仲介手数料を抑制できる場合もあり、契約も仲介手数料の増減を決める重要なファクターの一つとなっています。

基本的に不動産の売買で交わされる契約は、一般媒介契約・専任媒介契約の二種類があり、一般媒介契約なら、複数の不動産会社を暫定的な不動産売買仲介役にすることで、複数社にわたって広告してもらうことが可能となるため、より良い売買契約を持ち込まれる可能性が高まりますし、専任媒介契約の場合、仲介業者を一社に絞ることによる、仲介手数料の支払いの実質的な確定による仲介手数料の減額が期待できるのです。

仲介手数料が発生しない不動産売買委託

不動産の売買を委託した場合であっても、仲介手数料は買い手と売り手によって異なっており、不動産を買い取りたい買い手への仲介手数料が減じることはあまりありませんが、不動産を売りたい売り手への仲介手数料が減じることは間々あって、半額や無料なども珍しくはなく、広告等の形で度々喧伝されていることからも明白です。

つまり、不動産売買を委託するにあたって、不動産の売却に限っては仲介手数料が生じない可能性があるわけですが、これは不動産会社にとって不動産売買契約の不成立は仲介手数料を得られないことと同義であることに直結しており、仲介手数料によって利益を得たい不動産会社は、売買の要である売却側に仲介手数料の半額化や無償化といったサービスを提示することで、契約そのものの成立の迅速化を図りたいという思惑があることがお分かり頂けるでしょう。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ