初めての不動産売買を補助する不動産情報サイト

>

仲介手数料が生じない不動産売買取引

売買の相手によっても変化する手数料の有無

仲介業者へ不動産売買を委託する場合に仲介手数料が生じ、一般媒介契約・専任媒介契約などの契約や買い手ないし売り手といった不動産売買における立ち位置も仲介手数料を左右する重要なファクターではありますが、不動産売買の仲介手数料に影響を及ぼすファクターはこれだけではありません。

契約や買い手・売り手といった立ち位置に加え、売買相手によっても仲介手数料は変化し、相続に伴う親族間での譲渡のような例外や私的な個人契約のような例外を除くと、買い手が不動産売買を持ち込んだ不動産業者自身の場合、不動産売買契約を仲介する必要が生じませんし、不動産の売買契約によって利益を得ることができることから、不動産会社にも益があるために当然仲介手数料が生じず、不動産の売買で仲介手数用を支払う必要がなくなります。

業者を相手に不動産を売買する長短所

自身の不動産の売買取引相手として、不動産会社のように不動産の取り扱いを生業とする業者を選び、不動産会社との間で売買を行う場合、仲介手数料が生じないという金銭的なアドバンテージに加え、時間がかかるのが一般的な不動産取引でありながら、速やかに取引可能な点で長じるわけですが、業者を相手として不動産の売買を行う場合にも当然ながら短所が伴うことになります。

具体的に短所について述べると、不動産会社のような業者への不動産売買は基本的に市場価格から乖離する傾向があり、こと売却に至っては、三割減じることもありうるため、仲介手数料以上に損益を生む可能性がある点が挙げられ、金銭目的で不動産の売買を行う場合には決して見過ごせない短所であることは言うまでもないはずです。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ